• メールでのお問い合わせ
  • Q&A ―よくあるご質問―
  • リンク集
  • アクセス

記事一覧

一般公募写真展『鉄道物語』の開催と作品募集

ファイル 461-1.pdf
ファイル 461-2.jpg

 

 

 

鉄道ある風景や情景、鉄道の表情を切り撮った作品をMAGギャラリーで展示いたします。

開催期間:2019年6月13日(木)〜18日(火) 11a.m.〜6p.m.

会場:MAG南森町アートギャラリー 

 

 

    

一眼レフカメラ(デジタル/フイルム)やミラーレス機などのカメラを使用した写真作品の募集。

作品テーマ:鉄道に纏わる作品。

〜2019.6月3日(月) (日/祝日を除く)


当ギャラリーまたはカメラの東光堂でプリント(銀塩クリスタルプリント)した作品に限らせていただきます。プリントサイズに適当な解像度を満たす原版 ※極端に解像度の低い原版はお受付できません。         


お一人最大3点まで。 作品はすべて返却いたします。
フィルム、デジタルメディア、プリントを原版とするものも可。
モノクロはインクジェットも可。


半切/半切ノートリ(銀塩クリスタル) 当ギャラリーのレンタル額を使用します。


ご応募利用規定、注意事項等ををお読み頂き、応募用紙に必要事項を記入してください。南森町アートギャラリーまたは、事務局カメラの東光堂にて作品の原版と申し込み用紙をお持ち込みください。ご不明点はお問い合わせください。


[応募作品について]応募者本人の撮影により、すべての著作権を有しているものに限ります。他人の名前を使用した応募はできません。応募作品、被写体の肖像権侵害等の責任は負いかねます。万一、第三者と紛争が生じた際は応募者自身の責任と費用負担によって解決していただきます。[注意事項] 特殊な画像修整・加工を施した作品、公序良俗に反する作品はは受付不可とします。 [個人情報について] 応募用紙に記載いただく個人情報は作品返却など展示会運営のために必要な範囲でしようさせていただきます。また、展示会告知や作品紹介などで撮影者の氏名を明記させていただきます。

データ郵送/ファイル便/Eメール添付可/FAX 06-6353-1866 Eメール送付先:南森町アートギャラリー展示会係:mag@neo.famille.ne.jp
:カメラの東光堂写真サポート係:info@tokodoshop.ocnk.net
カメラの東光堂〒530-0041大阪市北区天神橋2-北1-8 (地下鉄「南森町駅」3番出口りそな銀行前)
MAG南森町アートギャラリー〒530-0044大阪市北区東天満2-10-16 大阪メトロ「南森町駅」、「JR大阪天満宮駅」より徒歩約2分



お一人/¥1,000(税込)



デジタル作品の場合: 半切/半切ノートリ+裏打ちバックシート代込 1点/¥3,000(税込)

 


2019年6月13日(木)〜18日(火) 11a.m.〜6p.m.


MAG南森町アートギャラリー 大阪市北区東天満2-10-16
http://www.mag-osaka.net


展示会終了後3週間以内郵送または引き取りにてご返却いたします。

【お問い合わせ】
展示会事務局 カメラの東光堂
TEL 06−6353−1510 (平日10:00-18:00)


 
デジタル保存可の場合:HPやSNS、店頭モニターなどで表示する場合があります。販売可の場合:会場にて販売いたします(販売手数料10%を申し受けます)

【主 催】
南森町アートギャラリー

イメージ写真撮影:松本 洋一

 

申し込みPDF/FAXはこちら

 

 

[お問い合わせ]
MAG南森町アートギャラリー 展示会事務局 大阪市北区東天満2-10-16
TEL.06-6353-1866 FAX.06-6353-1519
Email: mag@neo.famille.ne.jp

 

 

 

 

落合恭子写真展 『あなたのいる世界』5.28〜

ファイル 466-1.jpg

 

 落合恭子 写真展 『あなたのいる世界』

◾️開催日時 :2019年 5月28日(火)〜6月2日(日) 10:00a.m.-7:00p.m./入場無料
◾️会場 :MAG南森町アートギャラリー
◾️会場アクセス:大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町駅」3番出口より徒歩約2分、JR「大阪天満宮駅」より徒歩約2分(お車でのお越しの際は近隣パーキングをご利用ください) Map »

 

 

PCで現像するとき写っているごく普通の人々の存在感に圧倒されることがあり、ここ数年、風景だけの写真でもスナップでも無い「ひとの存在を感じる風景写真」を撮り続けています。

あなたはだれ?なにをしているの? 

お顔は写しておりませんので、ご覧になる方々の想像力でファンタジーを膨らませてくださいね  / 落合 恭子

  

プロフィール

元パソコン教室チューター デジタルカメラの普及に伴い、仕事のためやむなくデジタル一眼レフを習い始めました。仕事を辞めたあとも、続けています。

活動歴/写真歴

最初は東京でデジタル一眼を習う。介護のため帰阪して後、キャノンEOS学園・カメラのナニワ等にて勉強しております。
写真雑誌等に作品は掲載されることもあります。

 

 

 

 

[お問い合わせ]
MAG南森町アートギャラリー  大阪市北区東天満2-10-16 Map »
TEL.06-6353-1866 FAX.06-6353-1519
Email: mag@neo.famille.ne.jp

 

 

 

第9回 街撮り撮影ツアーと講評会「石 切」編

[ディープな大阪を撮ろう]

第9回 街撮り撮影ツアーと講評会

 

 

📷 “ただ撮るだけじゃつまらない! カメラワーク上達をめざします”

今回は、『空堀の下町』編です。昔ながらの街並みやレトロスポット、生活感のある細い路地の地蔵さん、祠を巡り街撮りします。

 

◾️日時 2019年6月14日(金)/22 (土) ※都合に合わせてよい日をどちらか選んでください(両日程可)

①街撮り撮影
【課題】人があまり撮らないもの、自分の惹かれる視点,モノクロで撮ってみよう。
◾️集合場所 時間
近鉄奈良線「石切駅」改札10時集合。※快速急行は止りません。2名参加で実施。
★持ち物 カメラ、レンズ、メモリーカード など(交通費、昼食代は各自負担 )

②講評会
◾️15時〜16時30分/MAG南森町アートギャラリーにて2F カルチャールームにて  Map »
◾️プリント10枚(2L判推奨)または、SDカードなどのメディアにデータを入れてご持参ください。
皆で研究会、講評、写真談義。講師の撮った写真はスライドショーで見てもらいます。当日撮った写真の解説などいたします。

[参加費 ①+②]
参加費 ①+② 3,000円(初めての方は2,000円)当日お支払ください。

 


◾️ツアーガイド&講師 中嶋 宏 (MAG公認フォトアドバイザー)
[講師プロフィール]
1955年生まれ。
1975年からモノクロフイルムで作品を撮り始める。
2008年位からデジタルカメラで撮り始める。
1994年 キヤノンフォトクラブ大阪に入会
2017年〜 キヤノンフォトクラブ大阪の代表になる。
 
[個展]
2009年「失われゆく空間・空掘」/ギャラリー・アルテスパーツィオ
2012年「淀川模様」/ギャラリー・アルテスパーツィオ
2017年「昭和残像・大阪下町寸景」/梅田キヤノンギャラリー
2013年〜2018年「ブログの輪写真展」主催 @MAG南森町アートギャラリー

[入賞歴]
ペンタックス写真年間掲載10回
雑誌アサヒカメラ,日本カメラ,キヤノンフォトサークル誌の月例コンテスト入賞多数。

 

◾️お申し込み WEB&TEL

 


[電話お申し込み] 
TEL.06-6353-1866 (平日10:00〜18:00) MAG街撮撮影会事務局

 

 

[お問い合わせ]

MAG南森町アートギャラリー街撮撮影会事務局
大阪市北区東天満2-10-16 Map »
TEL.0663531866 FAX.0663531519 Email mag@neo.famille.ne.jp

PHOTO WORKSHOP Event 5.19 大村 祐里子 露出計を使って自分の表現の幅を広げよう

ファイル 460-1.jpgファイル 460-2.jpg

 

 PHOTO WORKSHOP Event 2019.5.19(日)

たくさんのご予約ありがとうございました。

尚、キャンセル等あった場合のみ追加募集とさせていただきます。 

 

 

 

  


" 露出計を使って自分の表現の幅を広げよう "

 露出計を使って測光した値をどう料理するか、を考えることで、自分の表現の幅をグッと広げることができます。今回のワークショップでは、露出計を使いながら町歩きスナップをし、どうやったら写真表現の幅を広げることができるかをやさしく丁寧に解説いたします。

 

 

 

 " 初心者にもやさしい、ベテランにも楽しい "

露出計を使ったことがない方はもちろん、カメラを最近始められた方、写真に興味のある方、自分の表現にマンネリを感じている方、初心者〜ベテランまで楽しく学べるワークショップです。新しい表現にチャレンジしてみたい方は是非ご参加ください!

 

  

 

 

 

  大村 祐里子

[講師プロフィール]
写真家。1983年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒。
クラシックカメラショップの店員を経て、写真の道へ。
福島裕二氏に師事後、撮影のほか、雑誌・書籍・Webでの執筆など、さまざまなジャンルで活動中。
趣味はフィルムカメラを集めて、使うこと。
HP:https://omurayuriko.jp/

 

 

" 実践 体感型でわかりやすい内容 "

12:30-受付開始
13:00-講義スタート
14:00-街歩き撮影スタート
16:00-講評会
17:30-終了

 

 

-------------------------------- 

[開催日時] 2019.5.19(日) お昼12:30〜
[会 場]  MAG南森町アートギャラリー 2Fカルチャールーム
[参加費]  5,000円(税込)

  〜5月4日(土)までのお申し込みで早割20%→4,000円(税込)[受付終了]
     
[参加特典] 商品割引クーポン1,500円 

[お支払い方法] 事前/当日可 

※既に早割にてご予約されたお客様で、事前オンラインお支払いをご希望の方はご連絡いただきますようお願いいたします。

 

 会場アクセス:大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町駅」3番出口より徒歩約2分、JR「大阪天満宮駅」より徒歩約2分(お車でのお越しの際は近隣パーキングをご利用ください)

ご参加お待ちしています!

 

たくさんのご予約ありがとうございました。

 

協 力:(株)セコニック 写真:大村 祐里子

 

[お問い合わせ]
MAG南森町アートギャラリー WORKSHOP事務局 大阪市北区東天満2-10-16 Map »
TEL.06-6353-1866 FAX.06-6353-1519
Email: mag@neo.famille.ne.jp

 

 

 

第19回ナチュラリスト展のご案内・・5月24日~26日

第19回 ナチュラリスト展のご案内

◾️開催日時 :2019年 5月24日(金)〜26日(日)/入場無料 
◾️時間    24日(金)12-19:00
                25日(土)10-19:00
                26日(日)10-18:00
◾️会場 :MAG南森町アートギャラリー
◾️会場アクセス:大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町駅」3番出口より徒歩約2分、JR「大阪天満宮駅」より徒歩約2分(お車でのお越しの際は近隣パーキングをご利用ください) Map »
●主催 公益社団法人 大阪自然環境保全協会 ナチュラリスト講座OBたち

●出展者  酒井和子
     滝沢真由美
     田中義人
     常俊容子
     中村彩乃
●展示 写真・花・自然のもの 他

 

 

[お問い合わせ]
MAG南森町アートギャラリー  大阪市北区東天満2-10-16 Map »
TEL.06-6353-1866 FAX.06-6353-1519 
Email:mag@neo.famille.ne.jp

 

夜行日帰り 信州撮影ツアー2019.6.15(土)〜16(日)

[好評MAGツアー]

夜行日帰り 信州撮影ツアー2019.6.15(土)〜16(日)

[行き先] 信州 高ぼっち美ヶ原・白樺平 

 

日時:2019年6月15(土)〜16日(日)

集合場所:MAG南森町アートギャラリー 21:00出発 (6/15)

 

 

[スケジュール] 夜行日帰り車中泊

15日 (土)/MAG前21:00出発


16日/3:00 高ボッチ着(日の出4:28分)

6:00迄撮影

7:30〜ツツジ撮影(美ヶ原・白樺平にて10:00迄撮影)

11:00 苔のせせらぎ(PM12:00迄撮影)

高速松本IC13:30予定

 ↓帰阪

 MAG19:00着予定

(雨天時は、美ヶ原にて仮眠します)
✳白樺平のツツジは雨霧の中がベスト)
✳雨天時は日帰り温泉の時間が作れます。

 

《ご予約》お電話にて受付。

TEL. 06-6353-1866 (平日11:00-18:00)

 

《参加費》当日または事前にお支払いください。

[現金でお支払い]
¥13,000(税込) 

[クレジットカード、オンライン決済]
¥13,800(税込) 


 

《講師 ツアーガイド》
MAG公認フォトアドバイザー 植村 栄 氏
 

◆当日持ってくるもの◆

●カメラ(一眼レフ、ミラーレスカメラなど)

●レンズ(広角系から標準系推奨、フード付きが望ましい。)

●三脚(しっかりしたもの)

●SDカード等の記録メディア

●フル充電したカメラ用電池(あれば予備の電池)

●リモートレリーズ(推奨)

 

 [注意事項とお願い]

①撮影地・行程は天候交通などの諸事情に変更になる場合もございますので予めご了承ください。
②貴重品などは自己管理の元お願いします。
③ お帰りの際は忘れ物の無いように、足元をしっかりチェックして、気を付けてお帰り下さい。
④ ごみは所定の場所または各自で持ち帰り下さい。
⑤ 火器の使用は出来ません。暖かいものはポット等に入れて各自でご用意ください。
⑥ 社会人として最低のマナーを守り、素敵な撮影ツアーにしましょう。
※撮影会、イベント中の怪我、事故につきましては各自、自己責任とさせて頂きます。

 

[お問い合わせ]
MAG南森町アートギャラリー 撮影会事務局 大阪市北区東天満2-10-16
TEL.06-6353-1866 FAX.06-6353-1519 
Email: mag@neo.famille.ne.jp

 

 

 

斎藤 孝展 『四季の花を描く』

  斎藤 孝展 『四季の花を描く』

◾️開催日時 :2019年 8月22日(木)〜27日(火) 10:00a.m.-7:00p.m./入場無料 最終日は4p.m.まで [オープニングパーティー ] 22日5p.m.〜
◾️会場 :MAG南森町アートギャラリー
◾️会場アクセス:大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町駅」3番出口より徒歩約2分、JR「大阪天満宮駅」より徒歩約2分(お車でのお越しの際は近隣パーキングをご利用ください) Map »

 

 

【齋藤孝展 ~四季の花を描く~】に寄せて
前回の個展(平成29年11月)を開催した後、ある方から「花の絵をもっと観たいですね」というご意見をいただきました。学生時代は、殆ど人物画。それも、形を崩したり、時間の経過を同一画面に表現したりと実験的と言えば聞こえがいいかもしれませんが、やはり若さゆえの観念的な作品が多かったようです。しかし、作品が卒業制作展や関西国画会展で受賞したものですから、その表現に縛られてしまい、前に進めない窮屈な思いをした記憶があります。
千利休に「守破離」という言葉があります。簡単に説明すると、「守」とは茶道の伝統の型を学び基礎・基本を守ることです。「破」は、基礎・基本から発展させ型を打ち破ることです。そして、最後は「守」・「破」から離れ、昇華された独自の芸術の域に達することでしょうか。

若い頃の私は、「守」の中にいるにも関わらず「破」を求めてあがいていたようです。とにかく、基礎・基本を解体することに汲々とし、観て感動するといった素直な表現から無理に離れようとしていました。しかし、長いブランクの後に開催した初個展では、その呪縛からは解放されたように思います。その際のコメントに、『今は、原点に還って受験生のような気持で作品を創っていることにふと喜びを感じたりします』
と書きましたが、現在もそんな思いで作品を制作しています。そして今回の個展ですが、今まで描いたことのない新しいモティーフ、「四季の花」の美しさを私なりの表現で描いてみようという思いで開催しました。目標がどこまで達成されたかはわかりませんが、少なくとも作者はそういった思いで作品を制作したということをお知りおきください。

私も既にいい歳なので、「破」に進むことはできないのかもしれませ
ん。しかし、長い「守」が続くとも自分の眼で観て感じたことを一つひとつ愚直に表現していきたいと考えています。拙い作品ですが、どうぞご高覧ください。(令和元年5月1日 作者)

  

プロフィール

【齋藤 孝 作者略歴】
     名古屋生まれ
1978  第5回日韓三大学文化交流展(大阪芸術センター)
     79  大阪芸術大学 美術学科卒業(卒業制作 研究室賞)
  80   大阪人現代美術展 招待出品(大阪市立美術館)

大阪芸術大学 専攻科修了

79~83  国画会・関西国画会(’79 新人賞)
82~83  佐野順(造形作家)・永津禎三(前 琉球大学教授)・高木栄一(現和歌山大学教授)・森裕之(会社役員)とのグループ展「方の会」(名古屋 ギャラリーはくぜん)

2016~17 齋藤孝個展(「MAG南森町アートギャラリー」・「かふぇ たかい」にて連続展)

18 東條新一郎(国画会会員)・重久哲也(染色工芸家)との「三人三様展 ~桜島を描く~」(鹿児島 天文館画廊)
「OPST WORK+展」(あべのハルカス大阪芸術大学スカイキャンパス)

19 「邂逅展(共同展)~すべては出会いからはじまる~」(奈良 アートホール上三条)

八尾市立小中学校教頭・校長・幼稚園園長を歴任後、
現在は、八尾市立桂青少年会館絵画教室講師
学校法人関西学園金光八尾中・高等学校美術科非常勤講師

 

  

 

[お問い合わせ]
MAG南森町アートギャラリー  大阪市北区東天満2-10-16 Map »
TEL.06-6353-1866 FAX.06-6353-1519
Email: mag@neo.famille.ne.jp

 

 

 

中井文雅 × 山本篤子 テキスタイル・アート展 4.26〜

ファイル 456-1.pdf

己の美を貫いて生きた男 X 今の美を貫いて生きる女

中井文雅 × 山本篤子

 

◾️開催日時 :2019年 4月26日(金)〜30日(火) 11:00a.m.-7:00p.m.最終日は4:00p.m.まで/入場無料 

 4月28日 (日) 3:00p.m.〜4:00p.m. 中山 美歌 二胡演奏/ 投げ銭制

◾️会場 :MAG南森町アートギャラリー
◾️会場アクセス:大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町駅」3番出口より徒歩約2分、JR「大阪天満宮駅」より徒歩約2分(お車でのお越しの際は近隣パーキングをご利用ください) Map »

 

 

テキスタイル・アート展
故 中井文雅・写真 X 刺繍・山本篤子

 

 

 

 

 

 

作家紹介

 

中井文雅(写真家) 1948年ー2018年 三重県出身
1970年関西学院大学卒
1972年スペイン セビリア セコ社に彫金留学し、ヨーロッパ エジプトモロッコ を旅する。
信条「剣道の精神を愛する」
2003年から2018年までデジタルカメラを使い精力的に写真撮影を行う。制作した主な写真Webサイト 「フォトあれこれ1~4」
「ほぼ毎日一枚立ち撮りフォト by Jose」「ほぼ関西パチリ覚書書」「旅の心像(海外HP版)」「中国の旅ブログ」「言の葉に載せて by Jose」
報道写真としては、約6年ほど御堂筋サイクリングのポスターなどを撮影する。

 

  

山本篤子(美術家)芦屋市出身。
1980年 University of London Goldsmiths’ College, Art & Design Diploma 修得。
1984年~英国 The 62 Group of textile Artists 正会員。
現在、武蔵野美術大学非常勤講師。
1978年より個展活動。創作刺繍布で舞台やテレビ局の美術を担当。
空間演出インスタレーションは美を貫いて生きている。

 

中山美歌(二胡奏者)大阪府出身。
2003年から二胡を始める。
陳少林、巫謝慧、周ようこん、賈鵬芳、張連生各氏に師事。
現在、京阪神のライブハウス、イベントなどで活動中。人の声に近いと言われる二胡の音色。
懐かしい歌のように、心の奥まで届くような演奏を目指している。
二胡アルバム「Nostalgia」

 

 

山本篤子 Transparency シリーズ作品 空気と穴
Unknown of Unknowns

2016年は、子供も大人も9億5000万ドル売り上げた「ポケモンGO」に狂じ、日本での配信は7月22日だったので、公園に遊ぶ子供や親子連れが、例年になく少ない夏でした。持ち去られずに蝉の脱け殻が沢山、公園の木々に残りました。

それは、誠に脱け殻で、空っぽ、そして空虚

作品、 空っぽ Shell of Soul -empty ̶が誕生します。2017年、天井も床も壁も白い画廊で発表しました。
Joseさんはニコニコしながら楽しそうに撮影されました。
白空間に白作品こんなに現像難しいとは!!(笑)と、メールが届き、そして画像を頂きました。
Joseさんは、周りの人の心をいつも楽しくして、決して自身の病苦を見せません。

それは、Joseさん中井文雅が貫いた彼の生きる美学

2018年、Joseさんは天に召されました。どうか安らかにお眠りください。
奥さま薫さんのアイディアで、2019年、天井も床も壁も黒いギャラリーに作品を展示します。

 インスタレーション作品の撮影をお楽しみください

 

 

 

[お問い合わせ]

MAG南森町アートギャラリー 大阪市北区東天満2-10-16
TEL.0663531866 FAX.0663531519
Email mag@neo.famille.ne.jp

 

 

 

第8回 街撮り撮影ツアーと講評会「下町空堀」

ファイル 467-1.pdf
ファイル 467-2.jpg

[ディープな大阪を撮ろう]

第8回 街撮り撮影ツアーと講評会

 

終了しました

 

📷 “ただ撮るだけじゃつまらない! カメラワーク上達をめざします”

今回は、『空堀の下町』編です。昔ながらの街並みやレトロスポット、生活感のある細い路地の地蔵さん、祠を巡り街撮りします。

 

◾️日時 2019年5月11日(土)/17 (金) ※都合に合わせてよい日をどちらか選んでください(両日程可)

①街撮り撮影
【課題】人があまり撮らないもの、自分の惹かれる視点,モノクロで撮ってみよう。
◾️集合場所 時間
地下鉄谷町線 谷町六丁目駅 南改札出口(3、4番出口方面)10時集合。2名参加で実施。
★持ち物 カメラ、レンズ、メモリーカード など(交通費、昼食代は各自負担 )

②講評会
◾️15時〜16時30分/MAG南森町アートギャラリーにて2F カルチャールームにて  Map »
◾️プリント10枚(2L判推奨)または、SDカードなどのメディアにデータを入れてご持参ください。
皆で研究会、講評、写真談義。講師の撮った写真はスライドショーで見てもらいます。当日撮った写真の解説などいたします。

[参加費 ①+②]
参加費 ①+② 3,000円(初めての方は2,000円)当日お支払ください。

 


◾️ツアーガイド&講師 中嶋 宏 (MAG公認フォトアドバイザー)
[講師プロフィール]
1955年生まれ。
1975年からモノクロフイルムで作品を撮り始める。
2008年位からデジタルカメラで撮り始める。
1994年 キヤノンフォトクラブ大阪に入会
2017年〜 キヤノンフォトクラブ大阪の代表になる。
 
[個展]
2009年「失われゆく空間・空掘」/ギャラリー・アルテスパーツィオ
2012年「淀川模様」/ギャラリー・アルテスパーツィオ
2017年「昭和残像・大阪下町寸景」/梅田キャノンギャラリー
2013年〜2018年「ブログの輪写真展」主催 @MAG 南森町アートギャラリー

[入賞歴]
ペンタックス写真年間掲載10回
雑誌アサヒカメラ,日本カメラ,キヤノンフォトサークル誌の月例コンテスト入賞多数。

 

◾️お申し込み WEB&TEL

 

 


[電話お申し込み] 
TEL.06-6353-1866 (平日10:00〜18:00) MAG街撮撮影会事務局

 

 

[お問い合わせ]

MAG南森町アートギャラリー撮影会事務局
大阪市北区東天満2-10-16 Map »
TEL.0663531866 FAX.0663531519 Email mag@neo.famille.ne.jp

写真を楽しむイベント「魅惑の刺繍布でアートフォトに挑戦!」

ファイル 465-1.jpgファイル 465-2.jpgファイル 465-3.jpgファイル 465-4.jpgファイル 465-5.jpg

 ~己の美を貫いて生きた男×今の美を貫いて生きる女~

【故 中井文雅・写真×刺繍・山本篤子】開催記念!
写真ワークショップを開催します!!
奮ってご参加ください!

 

●写真を楽しむイベント〜SIGMAアートレンズを体感せよ〜 魅惑の刺繍布でアートフォトに挑戦!
・日時:4月29日(祝)
    第1部 テーブルフォト 10:00~12:00
    第2部 モデル撮影   14:00~17:00
    番外編 プロフィール写真撮影 終了後(希望者のみ)

・場所:MAG2F フォトスタジオ
    大阪市北区東天満2-10-16
     06-6353-1866
・参加費 各部3000円 ・1部+2部 5000円
      番外編のみの参加はできません。
・持ち物:カメラ・レンズ・三脚・撮りたい小物

★モデル撮影の部では撮りたい組・撮られたい組
  または両方・・を選べます。
 【オプション・メイク】
  撮られたい組はテレビに雑誌に引っ張りだこのヘアーメイクアーティスト西村ひろみさんを御呼びしていますので、変身希望者あれば3000円でメイクしてもらえます(要予約)
 撮りたい組は撮影したデータをモデルさんに数枚プレゼントしましょう。


★カメラ・シグマアートレンズの無料貸し出しあり

●主催:MAG南森町アートギャラリー&フォトスタジオMAG
 刺繍布協力: 山本篤子
 撮影機材協力:(株)シグマ

SIGMA社製レンズを体感できます。

 

レンズの新しい考え方 

[お申し込み]

 

[お問い合わせ]
MAG南森町アートギャラリーWORKSHOP事務局
tel 06-6353-1866
fax 06-63531519
mag@neo.famille.ne.jp

  

ページ移動

MAG南森町アートギャラリー

  • Gallery[ギャラリー]
  • Culture room[カルチャールーム]
  • studio MAG[フォトスタジオ]
  • Blog[日記風ブログ]

過去ログ

カテゴリー一覧

カレンダー

2019年5月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
- - - - - - -
CopyRight (c) 2008- MAG All Rights Reserved.